グーグルマップ、ストリートビュー機能

今回は、seoとはあまり関係ないですが、グーグルマップのストリートビュー機能に関して。

数ヶ月前に、初めてストリートビュー機能を知ったときは、本当にぶったまげたものですが
まだその当時は、アメリカの一部都市のみだったので、まさか日本でこれだけの部分が
網羅されていたものとは、全然知りませんでした。
まさに、SFの世界だったものが現実になろうとしている瞬間!という感じですね。

しかし、この革命的で便利な、ストリートビュー機能ですが、賛否両論巻き起こしている
ようです。 庭に干してある洗濯物や、車のナンバーが見えてしまうのは
プライバシーの侵害にあたるのでは? というのが賛否の「否」の部分のようですね。

しかし、革命的な技術というかサービスであることには、誰もが頷くことでしょう。
個人的な感想としては、こういった流れは、出来てしまった以上、もう誰にも止められない
のでは、ないかということです。

例えば、自動車や飛行機が発明され、皆が利用することによって事故の危険性や
環境破壊につながったとしても、自動車や飛行機は絶対に、人間の生活からは
切り離せないものですよね?
グーグルのストリートビュー機能も、それらに匹敵するくらいの凄まじい技術だと思います。
そうであるならば、そういった技術が良いか悪いかという議論ではなく
いかに、有効に活用すべきか?という部分を議論すべきだと思うのです。

「気持ち悪い」「プライバシーが保たれない」と、切って捨てるのは簡単ですが
社会的な、突き上げでグーグルがこのサービスをやめたとしても(そんなことは絶対ないでしょうが)
出来てしまった以上、他の業者なり、組織が同じようなものを出してくるのは
目に見えているわけですから。

こういった、サービスが手軽に、しかも「完全無料」で利用できるということは
ほんとうに革命的なことだと思います。
これらを元に、あらたなビジネスが生まれると同時に、既存のビジネスが消滅していく
ということも考えられますよね。

seoという概念自体、web上の概念ではなく、リアルな世界が舞台になってくるのかもしれません。
グーグルは、すでに画像を読み込む特許を持っているようですから
将来的には、街中にある看板とか標識も検索対象になってくる可能性もあります。

それがいいことなのか、悪いことなのかはわかりませんが、
そのうち人間の記憶とかもindexされて、検索出来るようになるのかもしれませんね。
グーグルのストリートビュー機能は、そんなことさえも考えさせられるほど
凄まじいことだと思うのです。

2008/08/16
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル

ぜひ行ってみたい!

Google Japan Blog: iGoogle Art Cafe が期間限定で六本木ヒルズにオープン!

楽しいですね〜 ぜひ行ってみたいものです!

20080410_food_b.jpg

Mousse de Google (ムース・ドゥ・グーグル)数量限定・・・・・1,000円
Google をイメージしたデザートです。
・コーヒー または 紅茶 付き 

 ・・・だそうです

ほうれん草で作った、ページランクサラダなんてのもあったら
ぜひ食べて見たいですね(笑

2008/04/15
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル

QDFアルゴリズムとは?

検索結果の「鮮度」が変わる、Google "QDF"アルゴリズムの仕組み

ある一定の期間において、ブログ記事やニュース記事の中で特定のトピックの出現量が増加した時、
Googleはそれを「話題性あり(hot)」と判断し、
検索結果中に最新の情報を持つ(鮮度の高い)ページへのリンクの割合を増やす。
これはGoogleが監視する検索クエリの増減量と照らし合わせて判定する。

----- 引用

・・・知らなかった。 

グーグルの、QDF(Query Deserves Freshness)アルゴリズム。
要約すると、ブログやニュースで特定のキーワードに関する情報が、一定量以上になると
鮮度の高いページ(ニュースサイトやブログなど?)を上位表示する割合を
増やすということのようです。

私の他のブログでも、検索順位が数時間おきに変わったりするのは
QDFアルゴリズムの仕業だったわけですね。
・・・ということがわかれば、ブログなどを更新する際の記事内容のヒントにもなるでしょう。

しかし、順位変動の幅を見る限り、それほどダイナミックな動きは見せていない?ようなので
あくまでも、検索結果に対して多少の影響を与えているアルゴリズムということなのでしょう。

2008/03/22
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル

広告も立派なコンテンツ

広告に対するGoogleの考え方は、「広告もユーザーから見ると情報の一部。
価値のあるかたちで提供されなければならない。
広告も情報価値が高いコンテンツだ」と村上氏は説明する。
---「AdWords+YouTube」で新たな広告市場の開拓を目指す--グーグル村上氏

この辺の考え方は、日本企業からは、見られない感覚ですね。
「広告=金儲け=後ろめたい」この感覚を捨てきらない限り、グーグルを
超える広告代理店が国内からでる可能性はゼロでしょう。
村上氏の言葉は、広告に対するグーグルの理念を感じ取れる言葉ですね。
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル

グーグルに見られている?

グーグルに関する、興味深い記事を発見しました。

----- 引用

Googleには、10,000人のサイト評価者が存在することが明らかになりました。

2007/6/23に開催された「Seattle Conference on Scalability」で、
GoogleのMarissa Mayer(マリッサ・メイヤー)が、参加者の質問に対して、
次のように回答しました、

   …they have 10,000 human evaluators
   who are always manually checking the relevance of various results.
  (常にさまざまな検索結果の関連性を人的にチェックする10,000人の
  人間の(サイト)評価者がいる)



Yahoo!にもサイトを目視して確認する人間のスタッフがいることは知られています。
Googleは、すべての処理をコンピュータに任せ完全に自動化している
と思っていたのですが、検索結果の妥当性を上げるために、
人間の力も借りているのですね。


----- 以上 SuzukiKenichi.com より引用させていただきました。

全世界のwebサイトの数が、約80憶サイトといわれていますが
グーグルの約10,000人の目視スタッフというのは、どういったサイトを
目視しているのでしょうか、気になるところですね。

ページランクの高いサイト?
有料リンクなどガイドライン違反の報告がなされたサイト?
検索結果に矛盾が生じているサイト?

10,000人のスタッフによる目視といっても、その目視結果をもとに
検索順位の変更をおこなったりするのではなく
アルゴリズム改良に役立てるための、フィールドワーク的な色合いが強いのでは
ないかと思います。

!! 今、この記事を書いていて思いついたのですが
10,000人の目視スタッフとは、Dmozのことでは???


Dmozとは、Open Directory Projectと呼ばれ、エディターと呼ばれる人手により
運営されているディレクトリサイトです。 グーグルは、Dmozのデータを利用して
グーグルのディレクトリを運営しておりグーグルのロボットは、
まずDmozからクロールに入るといわれています。

タグ:DMOZ グーグル
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル

被リンク数の増加

被リンク数の増加とは、自分のサイトへのリンクを増やすことです。

SEO対策には、とても重要な要素となります。
しかし、ただ単に被リンク数を増やせば効果があるのではなく、質の高いサイトからのリンクが重要となりますが、そう簡単に出来たばかりのサイトに、質の高いサイト(ページランクの高いサイト)がリンクを貼ってくれるわけもありませんよね?
ここが一番難しいところであります・・・

そして、ただ単にページランクが高ければ何でもいいか?というと、そういうわけでもなく、自分のサイトと内容的に同じ(または、近い)分野からの、リンクが一番効果的です!

例えば、「釣り」について紹介しているサイトであれば「釣り」を扱ったサイトからの、数多くのリンクがサイトの価値を高めます。

したがって、リンクを貼ってもらう場合(または相互リンクをする場合)は、相手のサイトに求める要素は

●自分のサイトの内容と同じ(または近い)分野のサイト。
●ページランクのついているサイト。

これらが、SEO対策上のリンクの条件になってこようかと思われます。
しかし実際問題として、上に示したような自分に都合がよく、なおかつ自分のサイトにリンクを向けてくれるサイトが、たくさんあるものでしょうか? ・・・考え込んでしまう方がほとんどだと思います。

そこで、出てくるのが「相互リンク集」などの中小サーチエンジンです。 中小サーチエンジンについては、次回で。

それでは、また!
タグ:SEO
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。