アンカーテキストの重要性

アンカーテキストとは、被リンクを受ける、または相互リンクをおこなう場合に
とても重要な要素であるということは、seoに関わる人であれば当然知っていることですが
相互リンクの新規登録申込みサイトを数多く見ていると、アンカーテキストの重要性について
意外と一般的には、知られていない気付かされます。

そもそも、アンカーテキストというのは、 
<a href=”http://貴方のドメイン”>キーワード</a> という様に記述して、
クリックできるテキスト文字 のことです。
アンカーテキストでリンクを受けると、とても効果的に検索にヒットするようになります。

アンカーテキストとは、難しく考えずに、このブログへのリンクの場合・・・
seoに関するアレコレ」の青色部分の文字がアンカーテキストとなります。

このブログのタイトルは「seoに関するアレコレ」ですので、普通に考えれば
「seoに関するアレコレ」という文字で、リンクを作成します。
しかし、もしもこのブログ「seoに関するアレコレ」を
「seo」という言葉で検索された時に、上位表示されたい!と思っているならば
アンカーテキストは「seo」とすべきなのです。

しかし、検索エンジンは不自然なリンクを嫌いますので
数多くのアンカーテキストをすべて「seo」にしてしまうと、望んでいるような効果は
得られないかもしれません。

ある程度、バラけさせ「seo対策」「seoに関するアレコレ」「seo知識」などと
キーワードを含んだアンカーテキストを設定するとよいでしょう。

他にも例を挙げると、
材木」を扱う「田中商店」というお店のサイトのアンカーテキストを考えた場合
最悪なのは「田中商店」とすることです。
せめて「材木の田中商店」「材木なら田中商店」とすべきでしょう。
「材木」というキーワードでどうしても上位表示を望むのであれば
アンカーテキストは、ズバリ「材木」としてしまうくらいでもよいのです。

もちろん、検索順位を決める要素は、アンカーテキストだけではありませんし
サイトの中身(コンテンツ)が最も重要であることには間違いありません。

検索エンジンを利用するユーザーのユーザービリティを考えれば
アンカーテキストだけで、検索順位が上がるというのは疑問であるかもしれませんが
実際のアルゴリズムは、そのように設計されているわけですから
アンカーテキストの重要性を軽視してはいけません。

相互リンクを申込む際などは、単にサイトタイトルをアンカーテキストに指定するのではなく
注意深く、アンカーテキストを選んで登録することが重要です。

2008/05/26
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相互リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97981529
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。