QDFアルゴリズムとは?

検索結果の「鮮度」が変わる、Google "QDF"アルゴリズムの仕組み

ある一定の期間において、ブログ記事やニュース記事の中で特定のトピックの出現量が増加した時、
Googleはそれを「話題性あり(hot)」と判断し、
検索結果中に最新の情報を持つ(鮮度の高い)ページへのリンクの割合を増やす。
これはGoogleが監視する検索クエリの増減量と照らし合わせて判定する。

----- 引用

・・・知らなかった。 

グーグルの、QDF(Query Deserves Freshness)アルゴリズム。
要約すると、ブログやニュースで特定のキーワードに関する情報が、一定量以上になると
鮮度の高いページ(ニュースサイトやブログなど?)を上位表示する割合を
増やすということのようです。

私の他のブログでも、検索順位が数時間おきに変わったりするのは
QDFアルゴリズムの仕業だったわけですね。
・・・ということがわかれば、ブログなどを更新する際の記事内容のヒントにもなるでしょう。

しかし、順位変動の幅を見る限り、それほどダイナミックな動きは見せていない?ようなので
あくまでも、検索結果に対して多少の影響を与えているアルゴリズムということなのでしょう。

2008/03/22
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | グーグル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/90465221
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。