リンクベイティングとは?

驚異的な被リンク収集法「リンクベイティング」とは?

今回は、効果的に自然な被リンクを集める
「Link Baiting(リンクベイティング)」と呼ばれるテクニックを紹介します。
「bait」とは日本語で「エサ」の意、「LinkBaiting」でエサ撒き。

リンクベイティングとは、他のサイトやブログからリンクされることを強く意識した
コンテンツを投入することにより、効果的に被リンクを集めていこうとするsmoの手法です。
smoとは、ソーシャル・メディア・オプティミゼーションの略。


リンクベイティングのテクニック

■既にある情報を整理し再提供し、エサとしてリンクベイティング。

  ここでやることは、自分自身でコンテンツを作成するのではなく
  特定分野に関する情報をあちこちから拾い集め整理し、わかりやすいかたちにまとめ、
  他のサイトから紹介(リンク)されやすいようなコンテンツを作成しエサとして撒く。

  「 〜のまとめ」といった特定の分野に関する情報を整理したコンテンツを餌として撒く。

  「 〜に関する 〜個の効果的な方法」のような特定分野に関する

   方法論やノウハウを整理し、箇条書きしたものを餌として撒く

  「 〜 を 〜 できる便利ツール」といった特定分野に役立つツールの紹介を餌として撒く。
  ※このブログで紹介した「未来のページランクを予測するツール」もそのひとつです。

■反対表明や攻撃をエサとしてリンクベイティング。

  人気のある製品や有名ブロガーに対して、強い証拠や理由によって
  反対表明や攻撃を行い、論争の種を撒きエサとする。
  この手法も、既に注目されているコンテンツに対しての批判や攻撃なので
  自らコンテンツを作り上げる手間がかからず、効果的です。
 
  しかしこの手法は、成功すると効果は大きいですが、
  失敗した場合の被害もそれ以上に大きいので、実行するには細心の注意が必要です。
  最悪の場合、自分のブログが炎上し閉鎖に追い込まれるなどの状況も想定すべきです。
 

  「 〜 の発言は 〜 の部分で間違っている」というような、有名人や著名ブロガーなど、
  特定の個人に対して反論をおこない餌として撒く。


  その他、話題の商品に関しての「大胆な」レビューや、
  話題のニュースに関する「大胆な」意見など様々なリンクベイティングが考えられます。



しかし・・・

ここで落ち着いて考えてみて下さい。



そうです! 



これらののテクニックは、すでに日常的に使われているものですよね。


例えば、

大人数が集まる会議の席で、明らかに一般的な上司の発言に対して
大人数の前で反対意見を述べたとした・・・ 
多くの注目(リンク)が集まることは、必須でしょう。

言い換えれば、リンクベイティングのテクニックとは、群集心理を突いた
seo対策のひとつのカテゴリであるsmoの手法であるといえるでしょう。

しかし、最後に付け加えておきますが
反対意見や批判を述べる時は、くれぐれも慎重に・・・・
「既にある、情報を整理して再提供する」「便利なツールを紹介する」などでも
コツコツと積み重ねることにより、立派なリンクベイティングになるのですから!

posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/81756901
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。