今回のページランク更新

今回、10月28日のグーグル、ページランク更新は、約半年ぶりとなる長い周期での更新でした。

今回のページランク更新での、大きな特色は「Paid Link(有料リンク)」に関する点で

大きな変化がみられたことでした。



例えば、国内で「ジャパン・インターネットコム」という元々のページランクが7であったサイトがあります。

このサイトは、今回の更新で「ページランク7」から「ページランク4」に下げられました。

これは、完全にグーグルによるペナルティの発動と考えられています。

それでは、「ジャパン・インターネットコム」は、なぜグーグルからペナルティを受けなければ

ならなかったのでしょうか?

これについては、100%の解答はグーグルしか知らないことですが

「Paid Link(有料リンク)」が関係しているとされています。

上記サイトのトップページには、「スペシャルリンク」として、自社以外の外部サイトへの

リンクが掲載されています。

これは、ある広告代理店を介して有料リンクとして掲載されていたとの噂です。

ここが、おおかたの意見ではペナルティの対象になったのではないか?とのことのようです。



しかし、ここで気付くことは、「ジャパンインターネットコム」は、ページランク4に下がりましたが

リンク先の外部サイトのページランクは「5」がついているのです。

この外部サイトの元々のページランクは、知りませんがおかしな現象ではないかと思いました。

これが意味することは、有料リンクを販売するサイトには、ペナルティを科すが

有料リンクを購入したサイトには、特にペナルティが科せられないのか?という問題です。

当然、長い目で見ればリンクを向けているサイトが7→4に下がれば、リンクを受けているサイトにとっても

ダメージに、なるのでしょうが・・・



有料リンクの問題に関しては、慎重に様子をみる必要がありそうです。
posted by 管理人 | Comment(2) | TrackBack(0) | ページランク
この記事へのコメント
外部リンクも度を超えた数を設置した場合は仕方ないかもしれませんが、10個や20個ぐらいのリンクならいいのではないでしょうか?

・・・コンテンツ制作のだってお金かかるんでしょ?

私はジャパン・インターネットコムさんを今でも
優良サイトと思ってますが、このようなサイトが運営資金の枯渇により、今後、閉鎖していくメディアが多くなるのではと心配してます。

・・・最近はアンチグーグルやアンチヤフーといった
方を広告業界のなかでよく耳にしますが、この記事を見てちょっと納得しちゃいました。。
Posted by みちみち at 2007年12月21日 00:33
コメントどうもありがとうございます。

私の個人的な見解としては、有料リンクには賛成です。
(あまり取り締まるべきではないと考えています。)

 
いくら資金力のある企業がリンクに対して資金を使い
検索結果の上位に表示されようとも、
実際に提供しているサービスや商品に魅力がなければ、
いずれ淘汰されるでしょうし、そこで検索結果だけに頼った商売をおこない
提供するサービスや商品に欠陥があれば、
逆にお金を払って悪い評判の宣伝をしているのと同じ行為ですよね。

結果的に、内容が伴っていなければ
リンクに資金を投入し上位表示させること自体、
長い目で見れば意味が無いということになります。

しかし、グーグルとしてはそのような「悪い」サイトを
上位に表示させたくないのは当然ですし
「淘汰」が起こるまで待っては、いられないでしょう(笑
ですので「ほどほど」に取り締まれば・・・ と思っています。

もっとサイト運営者が利益を得る行為を認めていく必要があると考えています。
Posted by 管理人 at 2007年12月25日 04:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/64560990
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。