相互リンク<その2>

相互リンクをおこなう際には、「アンカーテキスト」に関しての注意も重要となります。

アンカーテキストとは、単純に言うとリンク文字のことです。通常、リンク文字は、そのサイトのタイトルにするのが普通だと思います。

しかし、サイトのタイトルをそのままリンク文字(アンカーテキスト
)とするのは、SEO対策上あまり効果的ではありません。

では、どんなリンクをすればよいか?
ズバリ!「キーワードそのもの」のみの、リンク文字を設定して下さい。 例えば、あなたの会社名が「高橋翻訳事務所」であれば、リンクの文字は、「翻訳」・・・ これだけです。

わかりづらいかもしれませんが、SEO関係の相互リンク集やSEO業者のトップページを注意深く見て下さい。
ページの端や下段に設置されているリンクを見ると、ほとんどが固有名詞ではなく、「キャッシング」「SEO対策」「FX」などリンク文字を見ただけでは、どこの何というお店かわからないようなリンクが貼ってあることが多いと思います。

これは、なにも横着しているのではなく、SEOの効果を充分引き出すための施策なのです。 これにより検索エンジン(グーグルやヤフー)のロボットに対して、このサイトは「キャッシング」のサイトですよ!と、「強く主張」しているわけです。

リンクの文字(アンカーテキスト)は、必ず「キーワード」のみにするということを覚えておいて下さい。
posted by 管理人 | Comment(0) | TrackBack(0) | 相互リンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52850745
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。